ヨコタ インパクトレンチ(YW26S) サンダー、ベルトサンダー

■【☆大量入荷☆美品☆】 noboru トランジスタP.Aアンプ 【NAC-2031B】 (2)(9)■ > EM生ごみ堆肥の使い方
EM生ごみ堆肥の使い方
商品カテゴリ
TOPICS
通販に関する事項
営業案内

…出荷及び業務をお休みします

2022年2月
【送料無料】CL-819BE ダイニングチェア メーカー直送
  12345
6789101112
13141516まとめ買い ぺんてる 油性ボールペン 替芯 1.0mm 中字 赤 BKL10-B 1本 【×300セット】 【代引不可】[▲][TP]1819
2021222324ダイニングチェア 幅57 奥行46 高さ75 座面高43cm キッチン ダイニング チェア イス 椅子 チェアー おしゃれ26
2728     
2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
202122232425畳ベッド 国産畳使用 セミダブル 天然い草 たたみベッド 天音 棚コンセント付き 宮棚付き ベッドフレーム モダン シンプル グランツ Granz おしゃれ(代引不可)【送料無料】
2728293031  

ヨコタ インパクトレンチ(YW26S) サンダー、ベルトサンダー

仕込んだ生ごみ堆肥を使うと、土をリサイクルすることができます。



1.EM生ごみ発酵堆肥の使い方

<ポイント>
土とよく混ぜて更に土をその上にのせましょう。
畑には、元肥
として、溝施肥や置肥に向いています。
・元肥(もとひ) / 土づくりをするときに肥料を土に混ぜる方法。
・溝施肥(みぞせひ) / 定植する場所に穴や溝を掘って、その溝の底部に肥料を施すこと。
・置き肥(おきひ) / プランターや鉢の土の表面に、肥料を置くこと。こうすると、水やりをするたびに少しずつ溶けだして、ゆっくりと長い間効果があります。

・ 畑や庭でつかうとき 
出来上がったEM生ごみ堆肥を、畑の畝間に入れ、その上に土を盛ります。
このとき、EM生ごみ堆肥を1ヵ所に固めて入れずに、土とよく混ぜ合わせて入れます。
EM生ごみ堆肥を固めて入れると、生ごみに含まれる水分が多いため、腐敗を起こす原因となり、ウジなどの虫が発生する恐れがあります。
 植木などに使用する場合は、深さ20〜30cmほどの穴を掘って埋めます。
このとき、EM生ごみ堆肥は、単独では酸性が強いため、作物や植物の根に直接触れないようにしましょう。
(畑に入れてから、土が酸性化する心配はありません。)


・ プランターでつかうとき 
プランターでEM生ごみ堆肥を使用する場合は、まず最下層に鹿沼土(または赤玉土)を入れてから、その上に腐葉土を入れます。
中層にEM生ごみ堆肥を入れて、上から土をかぶせ、良く混ぜます。
そして、発酵を促すため、EM1の100倍希釈液をかけ、ビニールをかむせて約1ヵ月間熟成させます。
1ヵ月後、タネや苗などを植えてください。
【送料無料】(業務用30セット) スリーエム 3M 超透明テープS BK-18N 工業用包装10巻 生活用品・インテリア・雑貨 文具・オフィス用品 テープ・接着用具 レビュー投稿で次回使える2000円クーポン全員にプレゼント
EM生ごみ堆肥を繰り返し土に入れていると、コロコロした黒く良質な土になります。
ときおり、ミミズなどが発生することがありますが、これは良い土に生まれ変わった証拠です。


■ 古い土を再利用するとき
ラグカーペット い草マット 春夏用 フローリング 約3畳 幅191×奥行240cm おしゃれ 琴ノ音 撥水加工

■ 使い切れずに残ったとき

ヨコタ インパクトレンチ(YW26S) サンダー、ベルトサンダー

プランターで土づくりをするときの手順を、スチロール箱で行います。
この場合、鹿沼土の代わりに腐葉土を多めに入れます。生ごみ堆肥と土をよく混ぜてから、保湿と保温のために上からビニールをかけます。


2.EM生ごみ発酵液の使い方

色は透明だったり、薄茶色だったりします。
EM生ごみ発酵液を、花壇や鉢植えの肥料として使用する場合は、週に1回程度1000〜2000倍に薄めて散布して下さい。
EM生ごみ発酵液の中では、EMが様々な栄養素をエサにしてその活動が活性化された状態になっています。しかし、空気に触れると悪臭が発生しやすく、発酵液そのものが変質することがあります。このため、たまったEM生ごみ発酵液は、できるだけ早く使用するよう心がけましょう。

このほか、原液、または10倍程度に薄めたものを排水口などに流すと、悪臭対策にもなります。
エスコ (ESCO) 3/8"DRx 8mm [INHEX]ビットソケット(絶縁) EA640LK-8






MAIL.WIMA.ORG.UK RSS